河野防衛相「候補地、ゼロベースで」 地上イージスで言明

お気に入りに登録

 河野太郎防衛相は24日、衆院安全保障委員会で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備計画を巡る再調査に関し「新屋を所与のものとして考えるのではなく、調査の後に全ての候補地をゼロベースで考えていきたい」と述べた。ずさんなデータが記されていた防衛省の適地調査報告書は「読んでいない」とした。無所属の寺田学氏(比例東北)への答弁。


 河野防衛相は、ずさんデータ問題について「不適切な対応については真摯(しんし)に反省しなければならない」とした上で、省内に「イージス・アショア整備推進本部」を立ち上げており、再調査には専門性や客観性を持たせていると強調。新屋演習場について新たな調査は行わず、秋田、青森、山形3県の「他の国有地」の再調査結果が出た後に「全ての候補地をゼロベースで考え、丁寧に説明していく」と語った。

(全文 749 文字 / 残り 373 文字)

同じキーワードのイベント情報