自然を表現「東北、旅するインク」 金農パープルを意識

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東北6県の文具店が発売した6色セットの万年筆用インク
東北6県の文具店が発売した6色セットの万年筆用インク

 東北6県の文具店10社が今月、各県の自然をイメージした万年筆用インクの6色セット「東北、旅するインク」を発売した。秋田県仙北市の田沢湖の朝焼けをイメージした薄紫色や、福島県三春町の滝桜を表したピンク色などで構成。商品開発に参加した秋田市の「とみや秋田店」のゼネラルマネージャー富谷圭司さん(51)は「店頭での限定販売のため、インクを求めて東北に足を運んでもらいたい」と話している。

 インクセットは、10社でつくるグループ「NE6 TOHOKU BUNGU LAB.」が考え出した。グループは、万年筆の販売に力を入れる店が中心となり、文具を通じて東北の魅力を発信したいと昨年10月に結成。今後は万年筆の発売を計画中で、オリジナル商品の種類を広げたい考えだ。

(全文 592 文字 / 残り 264 文字)

同じキーワードのイベント情報