秋工V奪還か、中央の連覇か 花園懸け27日頂上決戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
(左から)秋田工・高田尚汰主将、秋田中央・船木真夢主将
(左から)秋田工・高田尚汰主将、秋田中央・船木真夢主将

 第99回全国高校ラグビー大会県予選は27日午後2時35分から、秋田市のあきぎんスタジアムで秋田工―秋田中央の決勝を行う。秋田工は2年ぶりの優勝、秋田中央は2連覇が懸かり、激しい戦いとなりそうだ。勝者は12月27日に東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。

 両校の決勝での顔合わせは3年連続となる。昨年は秋田中央が先制されたが、前半のうちに逆転。後半にリードを広げ、3年ぶりの花園切符をつかんだ。

 現チームは公式戦で5度対戦している。昨年の中央地区、全県新人で秋田中央が連勝したが、今年の中央地区総体、全県総体、東北選手権ではいずれも秋田工が勝利した。

(全文 945 文字 / 残り 662 文字)