あの店・この逸品[滑多羅温泉郷・赤倉山荘]昔ながらのだまこ鍋 うま味と脂溶け出す

お気に入りに登録
3日煮込んで比内地鶏のうま味を凝縮させただしが特徴の「昔ながらのだまこ鍋」(写真は2人前)
3日煮込んで比内地鶏のうま味を凝縮させただしが特徴の「昔ながらのだまこ鍋」(写真は2人前)

 だまこ鍋は五城目町の名物。同町滑多羅温泉郷・赤倉山荘の「昔ながらのだまこ鍋」(税込み1480円)は、そんな町内の味比べイベントで最上位の「大名」に輝いたこともある自慢の味だ。3日間かけ、比内地鶏とゴボウ、キノコをじっくり煮込んだだしが決め手。地鶏のうま味と脂がたっぷり溶け出した濃厚な味わいが楽しめる。具にハクサイを入れるのも特徴で、野菜とだまこ餅の甘みが、だしによく合う。

 一つ一つ丁寧に手作りされただまこ餅が、1人前に7個入る。もちもちとした食感を楽しんでもらおうと、できるだけ客に提供する直前に作るようにしている。毎年9月下旬~10月上旬には新米を使い始めることから、この時期に合わせて食べに来る人も少なくないという。

(全文 873 文字 / 残り 560 文字)

お店の情報

五城目町富津内中津又字滑多羅3の7
TEL018・854・2969
食堂の営業時間は午前11時~午後2時(ラストオーダー1時半)
日帰り入浴は午前10時~午後6時(入館は5時半)
年末年始は休業

この連載企画の記事一覧