県産の発酵食品で日本酒いかが? 秋田市で醸しまつり開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
正午に合わせて乾杯する来場者
正午に合わせて乾杯する来場者

 秋田県内で造られた日本酒や発酵食品を一堂に集めたイベント「秋田醸(かも)しまつり」が26日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで始まった。来場者は各蔵元の銘酒を飲み比べたり、みそやしょうゆで味付けした料理を味わったりして発酵食品を堪能した。27日まで。

 90余りの銘柄をそろえた日本酒飲み比べコーナーには、午前11時の開場前から約350人が行列を作った。来場者はおちょこを片手に各蔵のブースを回り、銘酒を堪能。正午には会場全体で乾杯した。

 県味噌醤油(みそしょうゆ)工業協同組合は、秋田みそや県産豚肉などを使った「きりたんぽみそ鍋」を販売。訪れた人は日本酒を飲みながら熱々のきりたんぽを味わっていた。

(全文 593 文字 / 残り 292 文字)