丹精込め、鮮やか2500鉢 横手で5日まで「菊まつり」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
寺村さん(左)が2年かけて作った千輪咲
寺村さん(左)が2年かけて作った千輪咲

 第51回よこて菊まつりが26日、秋田県横手市の秋田ふるさと村で開幕した。県内11団体のメンバーが丹精込めて育てた菊約2500鉢が並び、県内外から訪れた大勢の人の目を楽しませている。市観光協会菊まつり委員会(遠山勝義委員長)の主催で来月5日まで。

 まつりは菊花の品評会を兼ね、ふるさと村内の県立近代美術館・彫刻広場には、受賞作品を含めた多種多様な菊が展示されている。

 千輪咲作りに取り組んで20年以上のベテラン、寺村良治さん(86)=大曲菊の会=は黄色の千輪咲を鮮やかに仕立てた。2年かけた作品に「形がきれいで咲き方もそろった」と満足そうに話した。来場者は寺村さんに千輪咲の作り方を聞き、作品の前で写真を撮るなどしながら、じっくりと観賞した。

 毎年の目玉「玉菊アート」は、秋田市出身の現代美術家鴻池朋子さんがデザイン。彫刻広場に白や黄、緑、赤の小菊約600鉢を並べ、渦を表現した。美術館6階から眺められる(31日まで)。

(全文 633 文字 / 残り 223 文字)