秋田中央が連覇 高校ラグビー、秋田工を17―12で下す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田中央―秋田工】後半28分、モールから抜け出した秋田中央のナンバー8菅原がトライを決める
【秋田中央―秋田工】後半28分、モールから抜け出した秋田中央のナンバー8菅原がトライを決める

 第99回全国高校ラグビー大会県予選最終日は27日、秋田市のあきぎんスタジアムで決勝を行い、秋田中央が秋田工を17―12で下し、2年連続12度目の優勝で全国大会出場を決めた。秋田中央は前半に先制トライを挙げ、7―0でリード。後半も1トライ(ゴール)、1PGを加えて逃げ切った。全国大会は12月27日に東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。

(全文 400 文字 / 残り 232 文字)