マンホールふたに107人申し込み 反響受け追加販売も検討

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市上下水道局が販売するマンホールのふた(同局提供)
秋田市上下水道局が販売するマンホールのふた(同局提供)

 秋田市上下水道局が受け付けていた、不用となったマンホールのふたの販売申し込みが締め切られ、20枚の販売予定数に対し、市内外から107人の申し込みがあった。同局の担当者は「想像以上でびっくりしている」と話している。

 受付期間は15~25日で、初日に予定数を上回る51人から申し込みがあった。107人の内訳は、市内54人、県内他市町村32人、県外21人。

 1週間以内に購入者を抽選で決めるが、反響が大きかったことから在庫の30枚ほどを抽選に漏れた人に追加販売することを検討している。

(全文 365 文字 / 残り 125 文字)