種苗交換会、大館市で30日に開幕 農産物1800点出品

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県種苗交換会会場案内図
県種苗交換会会場案内図

 第142回秋田県種苗交換会は30日、大館市を会場に開幕する。「集え大館 令和に紡ぐ 秋田の農業」をキャッチフレーズに、11月5日までの7日間、メイン行事の談話会や農産物出品展示など多彩な催しが繰り広げられる。JA秋田中央会の主催、大館市協賛会の協賛。

 同市での開催は2001年以来18年ぶり。主会場のタクミアリーナでは、8部門に出品された農産物の審査が29日まで行われる。出品数は約1800点で、目標の2千点を下回った。水稲以外の7部門で18年に及ばなかった。

(全文 521 文字 / 残り 290 文字)