地上イージスで専門家会議設置 防衛省

お気に入りに登録

 河野太郎防衛相は29日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の秋田、山口両県への配備計画を巡る防衛省の調査ミスを受け、外部有識者による専門家会議を設置したと発表した。土木工学や電波などの専門家3人で構成し、技術的な観点から検証する。30日に防衛省で初会合を開く。

 河野氏は会見で「有識者の知見も活用し、地元により丁寧で正確な説明ができるよう準備したい」と述べた。専門家は風間聡東北大大学院教授(土木工学)、多気昌生首都大学東京名誉教授(環境電磁工学)、田才晃横浜国立大大学院教授(建築構造)の3人。

(全文 372 文字 / 残り 112 文字)