旬のサケをおいしく料理 「網元番屋」飯沢さんが講師

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サケのさばき方や調理方法を学ぶ参加者
サケのさばき方や調理方法を学ぶ参加者

 旬の地魚を使った料理教室が29日、秋田市外旭川の市公設地方卸売市場で開かれ、参加した19人がサケのさばき方や調理方法を学んだ。市場を管理するあきた市場マネジメントの主催。

 男鹿市戸賀の食堂「網元番屋」の飯沢栄美代表(68)ら3人が講師を務めた。参加者は3班に分かれ、身が崩れないようにする包丁の入れ方を教わってから、焼きサケとイクラを合わせた丼、サケと野菜を蒸した「ちゃんちゃん焼き」、みそ汁の3品を作った。

(全文 296 文字 / 残り 91 文字)