首里城に琉球容器復元 大館の曲げわっぱ伝統工芸士「残念」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
栗久に保管されている食籠(右)と台
栗久に保管されている食籠(右)と台

 31日未明に火災に遭った那覇市の首里城には、秋田県大館市の曲げわっぱ伝統工芸士・栗盛俊二さん(71)が復元した琉球王国時代の工芸品が所蔵されていた。「苦心して制作した品が灰になってしまったとすれば、残念でならない」と栗盛さんは嘆く。

 「まさか、うそだろー、とびっくりした」。栗盛さんは31日朝、宿泊していた都内のホテルでテレビニュースを見て、火災を知った。

 栗盛さんによると、2006年ごろ、首里城の復元事業に携わる関係者の訪問を受けた。琉球王国時代に使われ、太平洋戦争で焼失した「食籠(じきろう)」という容器などを復元したいとの依頼で、曲げわっぱと同じ曲げ木技術を用いていたことから、職人歴約40年の栗盛さんに依頼が舞い込んだ。

(全文 659 文字 / 残り 343 文字)