秋田市民市場に「ポルミート」開店 欧州の食文化伝えたい

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
買い物客でにぎわう売り場
買い物客でにぎわう売り場

 ポーランドから秋田に移り住み、「ポルミート」ブランドのソーセージなど食肉加工を手掛けるマイケル・タベルスキさん(37)=秋田県大仙市=が1日、秋田市中通の市民市場に自社商品の専門店を初めて開いた。

 売り場には、大仙市の自社工場で作ったソーセージやハム、ベーコンのほか、ハンバーグや味付け肉といった冷凍品など一般消費者向けの全商品約30種を用意。日常の食卓向けの値段を抑えたシリーズのほか、贈答品や特別な日用を意識した高級シリーズなど用途別に展開している。オープン初日は開店直後から多くの客で売り場がにぎわった。

(全文 462 文字 / 残り 206 文字)