遠い風近い風[畑澤聖悟]比内中達人セミナー

会員向け記事
お気に入りに登録

 大学卒業後、1年間の臨時講師を経て、晴れて本採用の教諭として着任が決まったのは比内町立比内中学校、現在の大館市立比内中学校である。五城目町の実家で当時存命だった祖母に「学校はヒナイに決まった」と報告したら「シナイがあ。家から近えくてよがったなあ」と喜んだ。平成元年のことだから平成の大合併のかなり前である。近所には北秋田市も潟上市もなかった。五城目町民にとって「市内」とはズバリ秋田市(それも秋田駅前とか広小路とか繁華な界わいのイメージ)だったのである。

 比内中学校には採用から6年間お世話になった。先輩に恵まれ、生徒に恵まれ、地域に恵まれ、教員の全てを教えてもらった。生まれ故郷のような学校である。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1250 文字 / 残り 949 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース