時代を語る・矢口高雄(11)母のにおいは麻酔薬

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
おふくろと摘んだクズの葉=8月
おふくろと摘んだクズの葉=8月

 ぎらぎらと日が照り付ける時期に、おふくろと私は「クズの葉取り」をした。お盆すぎぐらいの葉っぱが、一番きちっとしていて上等なんだよね。

 クズは杉の木なんかに絡み付いて全体を覆ってしまうほどつるが伸びる。小さな沢なら、ふさがってしまうほど茂ったもんだね。直径15センチぐらいの葉っぱが長い柄に3枚付いていて、この柄ごと取って軒下につるして乾かす。これが農耕に使う牛や馬に与える冬場の貴重な飼料になったわけですね。

(全文 756 文字 / 残り 551 文字)

この連載企画の記事一覧