停車中の大型トラックに追突、男性死亡 東北自動車道下り線

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
追突され右後部が破損した大型トラック。トラックが奥に横転=2日午前6時5分、鹿角市八幡平字湯瀬(県警高速隊提供、写真は一部加工)
追突され右後部が破損した大型トラック。トラックが奥に横転=2日午前6時5分、鹿角市八幡平字湯瀬(県警高速隊提供、写真は一部加工)

 2日午前3時40分ごろ、秋田県鹿角市八幡平字湯瀬堰根口の東北自動車道下り線、鹿角八幡平インターチェンジ(IC)―安代IC間で、青森県つがる市の会社員(42)のトラックが、左側の路肩に停車していた北海道函館市の会社員(50)の大型トラックに追突、横転した。つがる市の会社員は、搬送先の鹿角市の病院で、約3時間後に出血性ショックで死亡した。事故の影響で両IC間は約7時間25分通行止めとなった。

(全文 427 文字 / 残り 231 文字)