「児童虐待、絶対許さない」 秋田県が「防止宣言」発表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
宣言を読み上げる(左から)保坂院長と鶴田代表
宣言を読み上げる(左から)保坂院長と鶴田代表

 秋田県は2日、秋田市のJR秋田駅ぽぽろーど大屋根下でのPR行事で「県児童虐待防止宣言」を発表した。全国で児童相談所への虐待相談が増え、虐待死が相次ぐ中、未然防止や早期発見につなげる考え。

 宣言は「虐待は絶対に許さないという強い決意で子どもたちを守り育んでいきましょう」とし、虐待のない地域を県民とつくることを誓った。子どもや保護者、地域住民に対し、それぞれ「つらいことや伝えたいことがあったら周りに話して」「子どもを育てる責任を自分だけで背負わないで」「気になる子どもを見かけたら声をかけて」とメッセージを付けた。

(全文 511 文字 / 残り 253 文字)