安部(秋田緑ケ丘病院)、初Vならず 全日本フェンシング

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【男子フルーレ決勝】安部(左)が相手の後背部を突いてポイントを挙げ、3―7とする
【男子フルーレ決勝】安部(左)が相手の後背部を突いてポイントを挙げ、3―7とする

 フェンシングの第72回全日本選手権個人戦最終日は3日、東京・渋谷のLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で男子3種目の決勝を行った。フルーレの安部慶輝(秋田緑ケ丘病院)は12―15で永野雄大(中大)に敗れ、初優勝はならなかった。サーブルはストリーツ海飛(ビーズインターナショナル)、エペは山田優(自衛隊)がそれぞれ制した。

(全文 575 文字 / 残り 408 文字)