地方点描:協力隊の役割[南秋田支局]

お気に入りに登録

 地域おこし協力隊員の仕事内容は、一般の人たちにどれほど認知されているだろう。県内の現役隊員には、周囲の住民に「何でも屋」だと思われていると感じている人もいるようだ。

 国は2009年度、都市部から地方に移住し、地域協力活動を行いながら定住・定着を図る取り組みとして、地域おこし協力隊の制度を始めた。当初は集落の生活支援を何でも務める隊員が県内外にいたが、今はそうした集落支援型の隊員はほとんどいないという。

(全文 624 文字 / 残り 421 文字)

秋田の最新ニュース