元国連事務次長・明石さん「配慮必要」 地上イージスで見解

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
インタビューに応じる明石さん
インタビューに応じる明石さん

 元国連事務次長の明石康さんが6日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地選定について「配慮があってもよかった」との見解を示した。秋田市のホテルで講演後、秋田魁新報のインタビューに応じた。

 地上イージスは秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地に挙がる。住宅地に近接した位置にあり、地元の町内会組織が安全性の観点などから反対の意思を示している。

(全文 522 文字 / 残り 341 文字)

同じキーワードのイベント情報