「美郷の縄文」に焦点 町出土の土器や志功の版画展示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京国立博物館所蔵の縄文土器や土偶を見る来館者
東京国立博物館所蔵の縄文土器や土偶を見る来館者

 秋田県美郷町の合併15周年を記念した「縄文の造形美と棟方志功展」が町学友館で開かれている。町と町教育委員会が「美郷の縄文」に焦点を当て企画。町内で出土し東京国立博物館が所蔵する縄文土器や、縄文文化に深い関心を持っていた青森県出身の版画家・棟方志功の作品など計153点が並び、訪れた人の目を引いている。来月1日まで。

 国立博物館から美郷町内で出土した20点、大原美術館(岡山県倉敷市)の大原謙一郎名誉館長(79)から棟方の作品6点を借り受けた。このほかに町教委と県埋蔵文化財センター(大仙市)が所蔵する出土品127点を展示している。

(全文 785 文字 / 残り 519 文字)