育てた米でのり巻き作り…「おいしい」 大仙・高梨小児童

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
育てた米でのり巻きを作る児童
育てた米でのり巻きを作る児童

 秋田県大仙市の高梨小学校の5年生29人が7日、地元農家の協力を得て育てたあきたこまちを使い、のり巻き作りに挑戦した。食や農業の大切さを学ぶJA秋田おばこの「あぐりスクール」の一環。

 使用したあきたこまちは、児童が5月に苗を植え、9月に収穫した新米。交流学習のため沖縄県から訪れていた渡名喜小児童8人も加わり、7班に分かれて調理した。

(全文 352 文字 / 残り 185 文字)