進む冬支度、雪囲いてきぱき 8日は「立冬」【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
降雪期を前に進められている樹木の雪囲い作業
降雪期を前に進められている樹木の雪囲い作業

 11月8日は暦の上で冬が始まる日とされる「立冬」。降雪期を前に、秋田市仁別の市植物園では雪囲いが急ピッチで進められている。

 園を管理する太平山観光開発によると、9・3ヘクタールの園内には約250種、4千本の樹木が植えられており、雪囲いをするのはそのうち2500本ほど。作業は1週間前に始まり、2割ほど終えたという。

(全文 300 文字 / 残り 142 文字)