ブラタモリ、2週連続で秋田特集 地形と文化のつながり探る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本県の地形や地質について説明を受けるタモリ
本県の地形や地質について説明を受けるタモリ

 NHK総合テレビの人気番組「ブラタモリ」の秋田編が9、16日の2週にわたり、午後7時半から放送される。タレントのタモリが大館市や男鹿市、秋田市などを巡り、県内の魅力を紹介する。

 タモリが全国各地を散策し、その土地の歴史や人々の暮らし、地質などに独自の視点で迫る探訪番組。県内がテーマとなったのは、2017年に青森、秋田の県境に広がる十和田湖などを訪問して以来となる。今回は9月上旬に現地ロケを行った。

 NHKの番組担当者は「秋田県は地形、地質的な成り立ちがとても興味深い地域。2週を通して、たくさんの魅力を堪能できるとともに、そのルーツの面白さも分かる内容になっている」とコメントしている。

(全文 611 文字 / 残り 315 文字)