正月用しめ飾り作りピーク 大館市田代の高齢者グループ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
田代老人福祉センターで行われているしめ飾り作り
田代老人福祉センターで行われているしめ飾り作り

 秋田県大館市田代地域の高齢者グループ「寿会」(虻川重美会長、15人)による正月用のしめ飾り作りがピークを迎えている。同市早口の田代老人福祉センターでは8日、70、80代の会員10人が作業に励んだ。

 会の前身の老人クラブ時代から30年以上続く恒例の作業で、今年は先月15日から同センターで行っている。

 地元で刈り取り、天日干ししたスゲと稲わらで縄をない、より合わせたものに縁起物の扇や「家内安全」「商売繁盛」と書かれた札などを取り付けて完成させる。会員は作業を分担し、一つ一つ手際よく完成させていた。

(全文 515 文字 / 残り 265 文字)