にかほ市出身・遠藤(東海大相模)が阪神と仮契約

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
吉野スカウト(左)に阪神の帽子をかぶせてもらい、ポーズを取る遠藤
吉野スカウト(左)に阪神の帽子をかぶせてもらい、ポーズを取る遠藤

 プロ野球のドラフト会議で阪神から4位指名を受けた神奈川・東海大相模高の遠藤成内野手(18)=秋田県にかほ市出身=が8日、横浜市の新横浜プリンスホテルで畑山俊二統括スカウト、永吉和也編成ディレクター、吉野誠スカウトと入団交渉に臨み、契約金4千万円、年俸500万円で仮契約した。

 遠藤は「日本中の皆さんに笑顔と感動を届けられるような、大きな選手になりたい」と抱負を語った。「同じ年代には負けたくない。早く1軍に上がれるようにしたい」と負けん気の強さをのぞかせた。

 高校まで投手と野手の「二刀流」だったが、プロ入り後は遊撃に専念する意向を示している。吉野スカウトは「打撃面を高く評価した。高校で145キロを投げた投手でもあり、肩の強さも武器。チャンスに強い、しぶといバッターになってほしい」と語った。

(全文 1185 文字 / 残り 837 文字)