イナダ、大ブリに育てて冬の収入源に 男鹿の漁港で蓄養

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
いけすのブリに餌を与える三浦さん=3日、男鹿市
いけすのブリに餌を与える三浦さん=3日、男鹿市

 秋田県が本年度始めた蓄養モデル確立事業が男鹿市船川港の漁港で行われている。港内に網を張っていけすを設け、男鹿沖で取れた小型のブリを育てており、肉質改善や荒天が多い冬場の出荷調整につなげたい考え。県水産漁港課は「安定生産と漁業者の所得向上に向けて、港内を活用した蓄養の可能性を広げたい」とする。

 蓄養は天然の若い魚や脂の乗りが少ない魚を捕獲し育て、魚体を大きくする方法。今回は水深約7メートルの港内に縦5メートル、横5メートル、深さ6メートルのいけすを設置した。事業は県漁業協同組合に委託しており、先月10、11日に小型のブリ120匹を入れた。ブリは男鹿沖の大型定置網「大謀網(だいぼうあみ)漁」で取れたもので、全長30~40センチほどの「イナダ」と呼ばれるものが多い。

 漁業者の三浦幹夫さん(70)=同市船川港双六=が餌やりと水質測定を担当している。三浦さんによると初めの2週間ほどはあまり餌を食べなかったが、その後は徐々に食べるようになった。現在はアジと人工飼料を与えている。蓄養を始めて1カ月のため、まだ大きさに変化は見られない。

(全文 783 文字 / 残り 315 文字)