愛称は「秋田マタギロード」に 国道105号角館―鷹巣間

お気に入りに登録

 秋田県大仙市大曲と北秋田市鷹巣を結ぶ大曲鷹巣道路(国道105号、約120キロ)の利活用促進検討会議は8日、同道路のうち仙北市角館―鷹巣間の愛称を「秋田マタギロード」に決めたと発表した。全国的に有名なマタギ文化を育んだ豊かな自然に触れる街道にしたいとの思いを込めた。

 県や大館、北秋田、仙北3市などで構成する同会議が愛称をつけることを企画。同会議で出された案を事前に4案に絞り込み、4月27日~6月30日に一般投票を行った。投票用紙と投票箱は105号周辺の道の駅や公共施設10カ所に置いた。

(全文 443 文字 / 残り 198 文字)