遠い風近い風[小嵐九八郎]昆虫のいろいろ あれこれ

お気に入りに登録

 ちょっぴり古い話だが、9月、アルバイトをやっていた私大の芸術学部の卒業生に声をかけて、当方の仕事場で一泊二日の勉強会をやった。7年続いていて、中には新人賞の最終候補になった若者が複数いる。今回は13人の参加だ。

 仕事場は海辺の町なので、新鮮であろう魚を買い、温泉に入ってもらおうとした夕方5時ごろ、男の卒業生が「うへーっ、おいっ、蜘蛛(くも)の巣に蜘蛛だあ。大きい。センセ、怖くないのお」とベランダで小さく叫んだ。当方は「無駄な殺生はしない主義だし、風情がある」と答えた。

(全文 1302 文字 / 残り 1065 文字)

この連載企画の記事一覧