秋田活性化中学生選手権、最優秀賞に成章中【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
地域活性化に向けたアイデアを発表する成章中の3人
地域活性化に向けたアイデアを発表する成章中の3人

 第1回秋田活性化中学生選手権(秋田魁新報社主催)の決勝大会が9日、秋田市山王臨海町のさきがけホールで開かれた。県北、県央、県南の各地区大会で優秀校に選ばれた6校が出場。最優秀賞には、農産物直売所などを運営する大館市の「陽気な母さんの店」を訪ねてまとめた活性化プランを発表した成章中学校(同市)が輝いた。審査員特別賞は、大内中(由利本荘市)と増田中(横手市)が選ばれた。

 決勝大会には、県北が花輪二中(鹿角市)と成章中、県南が増田中と角館中(仙北市)、県央が大内中と本荘南中(由利本荘市)が出場。3~5人のチームで登壇し、寸劇や身ぶり手ぶりを交え、地元企業と連携して考えた独創的な地域活性化プランを披露した。

(全文 1012 文字 / 残り 708 文字)