大相撲の阿炎と若元春に厳重注意 SNSに不謹慎な投稿、自粛へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
八角理事長らに謝罪し、報道陣の取材に応じる小結阿炎=9日、福岡国際センター
八角理事長らに謝罪し、報道陣の取材に応じる小結阿炎=9日、福岡国際センター

 大相撲の小結阿炎(25)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=と十両若元春(26)=本名大波港、福島県出身、荒汐部屋=が9日、会員制交流サイト(SNS)のインスタグラムに不謹慎な投稿をしたとして、日本相撲協会から口頭で厳重注意を受けた。両力士は反省文を提出した。

 阿炎のインスタグラムに若元春の口を粘着テープでふさぎ、腕や足を縛ってふざける動画が投稿された。鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)は、協会員個人でのSNS投稿の自粛を通達したことを明らかにした。研修会も実施予定。

 阿炎と若元春は福岡市の福岡国際センターで八角理事長(元横綱北勝海)らに謝罪した。