パラ射撃、代表内定の水田がV 全日本選手権

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
パラ射撃の全日本選手権の男女混合エアライフル伏射で優勝した水田光夏=千葉市
パラ射撃の全日本選手権の男女混合エアライフル伏射で優勝した水田光夏=千葉市

 パラ射撃で東京パラリンピック代表に内定している女子で22歳の水田光夏(桜美林大)が9日、千葉市で行われた全日本選手権に出場し、男女混合エアライフル伏射(SH2)で優勝した。この日の予選では自己ベストとなる633・3点をマーク。「0・1点でもベストを超えるという目標は達成できた。ほっとしたという感じ」と笑みを見せた。

 四肢の筋力低下や筋萎縮が進む難病を患い、車いすに乗ってプレーする。19歳でエアライフルを本格的に始め、キャリアは約3年というホープ。来年の東京大会へ向け「まだ実感はないけど、一つ一つ課題を克服していきたい」と意欲を示した。