色鮮やか、花々ずらり セリオンリスタで祭典

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
会場には県産ダリアなど色鮮やかな花が並んだ
会場には県産ダリアなど色鮮やかな花が並んだ

 第40回県花の祭典が9日、秋田市土崎港の屋内緑地公園セリオンリスタで始まった。県産の花卉(かき)やフラワーアレンジメントが並び、来場者の目を楽しませている。10日まで。9日には40回目の祭典開催を記念し、本県で初めて全日本花卉装飾技術選抜選手権が同会場で開かれた。全国から25人が出場し、花束づくりなどの技術を競った。

 祭典では、県内の花卉農家が栽培したダリアやシクラメン、生花店の従業員らが制作したフラワーアレンジメントなど計約300点が並んだ。来場者は足を止め、色鮮やかな作品にじっくりと見入っていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 687 文字 / 残り 433 文字)

秋田の最新ニュース