県立中学3校の入試、願書受け付け始まる 14日正午まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
受験票を受け取る小学校教頭(右)=横手市の横手清陵学院
受験票を受け取る小学校教頭(右)=横手市の横手清陵学院

 秋田県の県立中学3校の2020年度入試の願書受け付けが11日、始まった。募集定員は、大館国際情報学院(大館市)、横手清陵学院(横手市)がいずれも70人、秋田南高校中等部(秋田市)が80人。受け付けは14日正午まで。

 横手清陵学院では、午前9時から願書の受け付けを開始。事務職員が市内外の小学校教員から願書を受け取り、慎重に書類を確認後、受検票に校長印を押して手渡した。

 志願者数や志願倍率は15日に発表する。適性検査を12月26日に行い、1月8日に結果を通知する。

(全文 282 文字 / 残り 49 文字)