体がピーナツでできている デーブ・スペクターがPR

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
イベントに登場したデーブ・スペクター=11日、東京都内
イベントに登場したデーブ・スペクター=11日、東京都内

 ピーナツの日(今月11日)に合わせて、アメリカンピーナッツ協会のイベントが東京都内で開かれ、放送プロデューサーのデーブ・スペクターが登場した。

 デーブは「体全体がピーナツでできている」というほどのピーナツ好き。米国では、食パンにピーナツバターとジャムを挟んだ「ピーナツバター&ジェリーサンドイッチ」が欠かせないといい、子どもの頃のお弁当の定番だったという。

 「母は料理をしない人だったから、他にポテトチップスと、リンゴかバナナが付いていた。日本のお母さんたちみたいにキャラ弁とか凝ったことはしない」とデーブ。

 同席した日本獣医生命科学大の佐藤秀美客員教授(食物学)に「肌つやが良いのはピーナツのおかげですね」と褒められたが、「メークを厚塗りしてるだけ。(テレビが)ハイビジョンになったからね」と語り、笑いを誘った。