世界パラ陸上、芦田は6位 男子走り幅跳び、鈴木が7位

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男子走り幅跳び(上肢障害) 跳躍する鈴木雄大=ドバイ(共同)
男子走り幅跳び(上肢障害) 跳躍する鈴木雄大=ドバイ(共同)

 【ドバイ共同】パラ陸上の世界選手権第5日は11日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで行われ、男子走り幅跳び(上肢障害T47)で芦田創(トヨタ自動車)は6メートル85で6位、鈴木雄大(日体大)は6メートル67で7位となり、今大会での東京パラリンピック代表を逃した。

 男子100メートル(義足T64)決勝には井谷俊介(SMBC日興証券)が出場する。

同じジャンルのニュース