「地元の応援、力にしたい」 佐藤彩乃選手、仙北市役所訪問

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
五輪出場決定を報告する佐藤さん(中央)と渡部理事長(左)
五輪出場決定を報告する佐藤さん(中央)と渡部理事長(左)

 カヌー・スラローム女子カナディアンシングルで来年の東京五輪に出場する秋田県仙北市田沢湖出身の佐藤彩乃さん(22)が11日、同市役所田沢湖庁舎を訪れ、門脇光浩市長に五輪への抱負を語った。

 佐藤さんは県カヌー協会の渡部卓理事長と訪問。大勢の職員に出迎えられ、小学校から高校まで学びやを共にした総務課の佐々木明日香さん(23)から花束を受け取った。

 神代小4年の時に田沢湖で開かれた体験教室でカヌーと出合ったという佐藤さんは、「水が豊富でいつも練習できる仙北市の環境や、多くの人に恵まれたおかげで五輪出場が決まった」と感謝した。

(全文 428 文字 / 残り 166 文字)

秋田の最新ニュース