にかほ市の地域おこし協力隊に國重さん 旧校舎利活用策模索

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
市川市長から委嘱状を受け取る國重さん(左)
市川市長から委嘱状を受け取る國重さん(左)

 秋田県にかほ市はこのほど、市の地域おこし協力隊に1日着任した國重咲季さん(24)に、委嘱状を交付した。統合で昨春閉校した旧上郷小の校舎の利活用に向け、情報収集や事業の準備を行う。

 國重さんは京都府京田辺市出身。国際教養大(秋田市)で学び、フィールドワークなどを通して秋田の環境にほれ込んだという。卒業後は首都圏の損害保険会社に就職し、営業業務を担当していた。

(全文 465 文字 / 残り 285 文字)