86歳男、妻の首絞めた疑い 殺人未遂容疑、横手【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
殺人未遂容疑で逮捕された壽松木容疑者の自宅=12日午前8時50分ごろ、横手市大雄
殺人未遂容疑で逮捕された壽松木容疑者の自宅=12日午前8時50分ごろ、横手市大雄

 秋田県横手署は12日、同居する妻(83)の首を絞めて殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで、横手市大雄字大戸川端の無職の男(86)を逮捕した。妻は市内の病院に搬送され、意識不明の重体。

 逮捕容疑は12日未明、自宅1階の寝室で、ひも状の物で妻の首を絞めて殺害しようとした疑い。容疑を認めている。

 男は妻と60代長男との3人暮らし。11日午後9時ごろまでに男と妻が就寝。翌12日午前4時25分ごろ、2階から1階に下りた長男が男に「かが(妻)どこ殺した」と言われ、ベッドで意識をなくした妻を見つけ、「母が首を絞められ呼吸をしていない」と119番した。

(全文 357 文字 / 残り 83 文字)