湯沢東小、インフルで学校閉鎖 本年度県内初

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県湯沢市の湯沢東小学校(近野良浩校長、462人)は、インフルエンザA型の集団発生で、12、13の両日を学校閉鎖とした。県教育庁保健体育課によると本年度、インフルで学級・学年閉鎖となった例はあるが、学校閉鎖は初めて。

 同校によると、6日に児童2人が発症して感染が拡大。週明けの11日に発熱やせきなどの症状で71人が欠席し、うち47人がインフルと診断された。同日、感染拡大防止のため2日間の学校閉鎖を決めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 361 文字 / 残り 156 文字)

秋田の最新ニュース