ドミンゴ氏、東京公演は予定通り セクハラ疑惑の渦中

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
プラシド・ドミンゴ氏(ゲッティ=共同)
プラシド・ドミンゴ氏(ゲッティ=共同)

 セクハラ疑惑の渦中にある世界的オペラ歌手プラシド・ドミンゴ氏(78)の東京公演を来年1月、予定通り開催すると、主催者が12日発表した。

 チケットは発売済みで、主催のインタースペースは「米国を除いた諸外国では(ドミンゴ氏は)予定通りオペラや音楽祭に出演している」と説明。共演予定だった米国の歌手ルネ・フレミングさんは降板し、別の歌手が出演するため、チケット料金を減額した。

 ドミンゴ氏はセクハラ疑惑を一貫して否定しているが、米ロサンゼルス・オペラの総監督を辞任。出演予定だった2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の公式文化プログラムの公演も辞退した。