秋田市広面の日本料理店が総菜販売 単身、高齢者の利用想定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
和食を中心とした総菜が並ぶ店内
和食を中心とした総菜が並ぶ店内

 秋田市広面の日本料理店「御山(みやま)」が、1人暮らしや高齢世帯向け総菜を販売する「お惣菜屋小茶(こちゃ)わん」を店の敷地内で始めた。人口減少や少子高齢化の進展を見据えた新規事業だ。

 総菜店は10月上旬に開業。約26平方メートルの店舗に、1、2人前用にパック詰めされた総菜約20種類や弁当が並ぶ。焼き魚、天ぷら、炊き込みご飯など和食のほか、エビチリや由利牛すき煮コロッケなど中華風や洋風のメニューも提供。総菜は200~400円が中心で、弁当は600円台(いずれも税抜き)。予約制で千~5千円の弁当も扱う。

(全文 496 文字 / 残り 243 文字)