社説:大学共通テスト 記述式は大丈夫なのか

お気に入りに登録

 大学入試センターは、2020年度にスタートさせる大学入学共通テストの国語、数学1、数学1・Aに導入する記述式問題について、課題を検証する準備事業を始めた。全国で約2万人の高校生らに問題を解いてもらい、実際に採点も行う中で、具体的な課題を探る。

 共通テストを巡っては英語の民間検定試験が、地域格差や経済格差を助長しかねず不公平だとして問題になり、先送りとなったばかりだ。だが国語などに導入する記述式問題についても、採点を公平に行えるのかといった点が疑問視され、その在り方が問われている。文部科学省は今回の準備事業の結果も踏まえ、根本から見直すべきだ。これ以上、受験生の不安を増幅させてはならない。

 記述式はマークシート式と違い、解答が多様で採点に時間もかかる。採点基準がしっかりと定まっていなければ、採点者の考え次第でばらつきが生じかねない。受験生は50万人超に及ぶ。2次試験に間に合うよう、答案を20日以内で採点しなければならないという時間的な制約の中で、一人一人の解答を吟味して評価できるかは疑問だ。

 本番の試験では、ベネッセコーポレーションのグループ会社が委託を受けて採点業務を担うが、ベネッセ側は、採点にはアルバイトの手を借りることもあるとしている。これについても、アルバイトで採点の質を確保できるのかという問題が生じている。

 このため萩生田光一文科相は急きょ、退職した教員に協力を求める案を検討していることを明らかにしたが、いかにも付け焼き刃の印象だ。こんなことをしていて果たして大丈夫なのか。不安は募るばかりだ。

 受験生は人生が懸かっていると言っていい。採点者によって評価が分かれる制度の下で受験するのでは、浮かばれない。野党から「致命的な欠陥がある。英語と合わせ、白紙からの検討が必要」と厳しい声が上がるのも当然だ。萩生田氏は批判を重く受け止め、どんな制度が望ましいのかを真剣に探るべきである。

 自己採点を巡る問題もある。多くの受験生は共通テストの点数を基に志望校を選択し、2次試験へと臨むことになる。記述式では解答がどう評価されているかをつかみにくい。共通テスト導入に向けた過去の試行調査でも、自己採点と実際の評価が一致しないケースが目立った。これでは志望校の選択を誤ることにもつながりかねない。

 今回の準備事業で、自己採点は検討の対象外となっている。受験生にとっては切実な問題であり、置き去りにしてはならない。

 記述式問題の導入は表現力や思考力を養うのが目的だ。それ自体、否定はしない。だが制度設計に不備があっては、かえって混乱を招く。受験生第一の姿勢で対応してもらいたい。