県内大荒れ、寒気で14日夜から降雪も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内は14日、寒冷前線が通過し、その後は冬型の気圧配置が強まって大荒れの天候となる恐れがある。夜からは山沿い、平地とも雨が雪に変わる見込み。秋田地方気象台は暴風や高波、積雪に注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、前線の通過で大気の状態が不安定となるため、未明から昼すぎにかけて雷を伴った雨が強く降る所がある。前線の通過後、日本海上空の寒気が本県上空に流れ込む見通し。

(全文 326 文字 / 残り 136 文字)