航空機産業担う人材育む 企業対象、県のセミナー始まる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
航空機産業に関する県の成長戦略を聞く参加者ら
航空機産業に関する県の成長戦略を聞く参加者ら

 秋田県内で航空機製造に関わる企業や新規参入を狙う企業を対象にした「航空機産業中核人材育成セミナー」(県主催)が13日、秋田市の県産業技術センターで始まり、県の成長戦略などを学ぶオリエンテーションを行った。今後はテーマを変えながら同センターで12月にかけて計6回の講義を開く予定で、県は参加者を募っている。

 セミナーは企業の競争力強化を目的に2015年度から開催。この日は4人が参加した。県輸送機産業振興室の斉藤耕治室長は、県内企業や大学による航空機関連技術の研究や県の施策を紹介。「付加価値生産性を高める一つの方法は地域の中でサプライチェーン(部品の調達・供給網)を構築することだ。企業間の情報交換にもセミナーを活用してもらいたい」と語った。

(全文 793 文字 / 残り 471 文字)