秋田市で初雪を観測 平年より1日遅く

お気に入りに登録

 秋田地方気象台は14日、秋田市で初雪を観測したと発表した。平年より1日遅く、昨年より8日早い。

 気象台によると、県内上空に寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まった。午後3時45分ごろ、同市山王の気象台の敷地内でみぞれ状になった雪を職員が確認した。積雪はなかった。

(全文 256 文字 / 残り 124 文字)