認知症前段階は47% 高齢者100人対象、県内初調査

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県横手市の65歳以上の高齢者約100人を対象に認知機能検査をしたところ、認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)の割合が47・6%だったとする調査結果を、秋田大高齢者医療先端研究センター長の大田秀隆教授らのチームがまとめ、医学誌に発表した。県によると、MCIに関する県内特定地域のデータが明らかになるのは初めてとみられる。

 MCIは日常生活に大きな支障はないが、認知機能の低下がある状態。大田教授は「報告がある国内の他地域と比べ、横手市の有症率は高いが、調査人数が少なく、あくまでも参考値と捉えてもらいたい」と説明している。今後、県内各地でデータを集め、MCIや認知症になりやすい生活習慣などを把握し、予防につなげたい考えだ。

 チームは、認知症に関する全国的な情報登録・連携システム「オレンジレジストリ」に参加。2018年度、横手市や市立大森病院の協力を得て、認知症ではない市西部の高齢者103人(男性47人、女性56人)に認知機能検査を受けてもらった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 895 文字 / 残り 463 文字)

秋田の最新ニュース