ロシア版忠犬ハチ公を映画に 日ロ合作、県内ロケも

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
映画への思いや本県での撮影に向けた意気込みを語るドモガロフ監督(左から2番目)
映画への思いや本県での撮影に向けた意気込みを語るドモガロフ監督(左から2番目)

 ロシア版忠犬ハチ公をテーマにした日ロ合作映画「ハチとパルマの物語」の出演者が15日発表された。壇蜜さん(秋田県横手市出身)や、平昌冬季五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワさん、飼い犬の秋田犬「マサル」が出演する。大館市での撮影は18日から来年1月上旬まで随時行われる予定。ザギトワさんも来県する方向で調整中という。

 同日、秋田県庁で製作発表会見が行われ、出演者が明らかになった。県内での撮影を前に、アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア監督(30)は「秋田の食や人々との出会いも楽しみ」と抱負を語った。

 日本からはほかに、渡辺裕之さんや藤田朋子さん、高松潤さん(三種町出身)が出演。ロシアからは監督の父で国民的俳優アレクサンドル・ドモガロフさんらが参加する。

(全文 839 文字 / 残り 499 文字)