囲碁棋士六段の小川誠子さん死去 NHK番組聞き手として親しみ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小川誠子六段
小川誠子六段

 NHK囲碁番組の聞き手として親しまれた囲碁棋士六段の小川誠子(おがわ・ともこ)さんが15日死去した。68歳。福井市出身。

 故木谷実九段門下で1970年プロ入り、95年六段。79年に第25期女流選手権、86年に第5期女流本因坊を獲得した。長年にわたりNHKの囲碁番組の聞き手を務め、ソフトな語り口で多くの囲碁ファンから愛された。棋士会会長、日本棋院理事を歴任した。