イージス適地の可能性、「新屋以外」否定せず 河野防衛相

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
河野太郎防衛相
河野太郎防衛相

 秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地となっている地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、河野太郎防衛相は15日の衆院安全保障委員会で、現在進めている再調査の結果、新屋演習場以外が適地となる可能性について「さまざまなことが起こる」と述べ、否定しなかった。無所属の寺田学氏(比例東北)への答弁。

 寺田氏は、河野氏が適地の判断に関し繰り返し強調する「ゼロベース」の意味について質問。新屋を「不適」と判断する可能性について河野氏は「再調査を行っている最中で、結果について予断を持って申し上げるのは差し控えたい」とした。その上で新屋以外の「他の国有地」が適地となる可能性については否定せず「さまざまなことが起こるゼロベースだ」と述べた。

 再調査は秋田、青森、山形3県の国有地19カ所で行い、来年3月20日までに終える予定。

(全文 680 文字 / 残り 314 文字)

同じキーワードのイベント情報